直腸がんで起こる具体的な症状

直腸がんは、大腸がんの中でも肛門に近い「直腸」に発生するがんです。特に日本人がかかりやすく、同じく肛門に近い「S状結腸」のがんと合わせて、大腸がんの7割程度を占めるといわれています。

直腸がんは、発見が遅れると肛門ごと切除しなければならないことも多く、人工肛門(ストーマ)を付けなければいけなくなる可能性のあるがんです。

しかし一方で、肛門に近いほうが血便や便通異常などの自覚症状が出やすいため、普段から意識を高めていれば早期発見しやすいがんでもあります。

日本人に多い直腸がんの具体的な症状をご紹介しますので、ぜひセルフチェックに役立ててください。

直腸がんは「血便や下血」の症状が出やすい!

大腸がんの中でも、特に直腸がんは「血便に気付きやすいがん」といわれています。

腫瘍は新しい血管が多く、表面がもろいため、ちょっとした刺激で出血します。

しかし大腸の中でも肛門から遠く離れた部位になると、血が便と完全に混ざる上に、空気に触れることで変色するため、赤というよりは黒っぽい便として出てきます。ですから血便とは気付かないことも多いのです。

一方、直腸は肛門のすぐ手前ですから、比較的新しい血の付いた便が出ます。赤黒い血が便のまわりにねっとりと絡み付いたような粘液便、もしくは痔のように真っ赤な水っぽい血が混ざった血便として出ることもあります。

また、痔と同じように便器に血が滴り落ちる下血も、起こり得る症状の一つです。

このように、直腸がんの出血は分かりやすいため、セルフチェックには大きく役立ちます。ただし、もともと痔をわずらっている方の場合は、「どうせいつもの痔だろう」と思って見逃してしまいがちな点がネックです。

便通が良くないなど、他の症状もある場合は、念のために大腸がんのリスクも考慮して検査を受けるようにしましょう。

直腸がんになると、便が細くなりやすい!

大腸がんにかかると、腫瘍で腸管が狭くなるため、便の通りが悪くなります。特に肛門付近の直腸では、便が腫瘍による圧迫の影響を直接受けますので、便が鉛筆のように細くなることもあります(便柱狭小)。

「何となく便が出しにくい」「最近、便が細くなった気がする」という方は、ぜひ大腸がんの検査を受けるようにしてください。

直腸がんにかかると、何度も便意を感じることがある!

直腸がんになると、上述した通り便の通りが悪くなるため、一気にまとまった便を出すことができず、細切れになってしまうことがあります。

そのため、いったん排便をしてもスッキリした感じがなく、またしばらくしてから便意を感じてトイレに行く、というサイクルになりがちです。

いずれにしても、便通がいつもとは異なると感じる場合は、念のために受診したほうが安心できます。

直腸がんが進行すると、腹痛や腹部膨満感につながる!

直腸がんが進行すると、ついに腫瘍が便の通り道を完全に塞いでしまい、便がそれ以上先に進めなくなる「腸閉塞(イレウス)」という状態になります。

こうなると、便が一か所に溜まって腹痛や腹部膨満感につながるほか、便が逆流して吐き気や嘔吐を引き起こすことがあります。

腸閉塞を起こすまでになった大腸がんは、かなり進行していますので、一刻も早い受診と処置が必要です。

直腸がんになると、貧血になりやすい!

貧血は、直腸がんの症状の中でも比較的早期に現れやすい症状です。腫瘍の血管はもろく出血しやすいため、便が通過する際のちょっとした刺激でも出血してしまいます。

そのため貧血になりやすく、めまいやふらつき、動悸、倦怠感などが現れることがあります。

もとから貧血体質ではない男性は特に、貧血症状が出たら体の異常を疑い、すみやかに検査を受けることをおすすめします。

また、もともと貧血になりやすい女性も、症状が続いたり悪化したりする場合は腫瘍の可能性も考え、ぜひ検査を受けるようにしてください。

直腸がんでは、「残便感」を感じやすくなる!

肛門に近い直腸がんでは、便が細くなる、トイレの回数が増えるなどの便通障害や出やすいのですが、同時に「便が出ないのに便意を感じる」という症状も起こってきます。

通常、便意は便が直腸を刺激することで起こるのですが、直腸がんが進行すると腫瘍が直腸を刺激するため、便がなくても便意を感じやすくなるのです。

このような症状が何度か続いた場合も、やはり念のために受診するようにしましょう。

直腸がんと「痔」を間違えないために

このように、直腸がんは大腸がんの中でも比較的自覚症状が出やすいがんです。日ごろからしっかりと自分の便や体調に気をつけていれば、異常に気づくことができますので、ぜひ便のチェックなどを習慣にしましょう。

ただし直腸がんは、どうしても痔と間違えやすい病気でもあります。血便や下血など、痔ではない人ならすぐに病院に駆け込むような症状でも、もとから痔をわずらっている人であれば「いつものこと」と平気で見逃してしまいます。

少なくとも、便通異常など他の症状も出ている場合は特に、ぜひ検査を受けるようにしてください。

また、本当にただの痔だったとしても、下血するほどの状態を放置しておくことは良くありません。きちんと受診し、必要に応じて手術などの治療を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ