大腸がんステージ【目次】

大腸がんのステージ分類と生存率

がんの分類で、「ステージT」「ステージW」という言葉を聞いたことのある方も多いと思います。

ステージ(病期)は、がんがどの程度進行しているのかを表す指標の一つで、大腸がんにも、他のがんと同じく0〜Wまでのステージがあります。0はごく早期、Wは遠隔転移している末期がんです。

続きを読む

大腸がん「ステージ4」の治療法と生存率

全体的に予後のいいといわれる大腸がんですが、遠隔転移の見られるステージWになると、一気に5年生存率は10%台に下がり、治療の選択肢も限られてしまいます。

基本的に手術の適応となるのはステージVまでですので、Wになると症状を和らげるための放射線療法や、少しでも腫瘍を小さくして生存期間を延長するための化学療法、もしくはモルヒネなどの緩和療法が中心です。

続きを読む

大腸がんステージ別治療法まとめ

大腸がんにかかった時、どんな治療法を選択できるかは、発見時のステージによって異なります。一般的にV期までの大腸がんであれば、手術が主体です。

ただし同じステージであっても、患者さん1人ひとりの状態によって、行なえる治療は変わってきます。

たとえば同じ「ステージT」でも、ある人は内視鏡治療、ある人は外科手術になりますし、同じ「ステージW」でも、緩和ケアが主体になる人と手術できる人が存在するのです。

続きを読む

大腸がん末期の症状や治療法

大腸がんが進行し、遠隔転移した末期になると、腸のみならずさまざまな部位の症状が表れるようになります。お腹の症状に気づかなかった場合は、転移先の症状でようやく病院に駆け込むことも少なくありません。

そんな末期の大腸がんになると、完治を目指すための積極的な治療ではなく、症状を和らげる「緩和ケア」が中心となります。

続きを読む

大腸がんの転移の解説と治療法

がんという病気の恐ろしさの一つが、「転移」です。がんはもともと発生した場所から徐々に広がるだけではなく、血管やリンパを通して全身に広がる可能性があり、転移先でも新たな病巣を作るというやっかいな性質を持ちます。

大腸がんが特に転移しやすいのは、肝臓です。他にも肺や脳などに転移することがあり、転移先の部位によってさまざまな症状が出てきます。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ