大腸がん検診まとめ

大腸がんは、早期に発見できれば十分に完治できる可能性のある病気です。そのためにも、定期的に大腸がん検診を受けることが非常に大切だといえます。

大腸がん検診の受け方には、自治体や職場で無料(もしくは低料金)で受ける方法と、自費で個人的に受ける方法の2種類があります。前者はほとんどが40歳以上を対象としており、検査内容としては便潜血反応検査が一般的です。

一方、個人的に受ける場合は費用がかかりますが、大腸内視鏡検査やCT検査など、希望に応じた検査メニューを選ぶことができます。

年齢やリスク別に、受けておきたい検査も違ってきますので、自分に合った検診を受けることが大切です。そんな大腸がん検診について、詳しくご紹介していきましょう。

低料金で受けられる大腸がん検診とは

大腸がん検診を低料金もしくは無料で受けられる機会としては、次の2通りがあります。

職場のがん検診を利用する

多くの会社では、年に1度の健康診断を行なっていますが、会社によってはがん検診も実施していることがあります。職場で受けられる方は、ぜひ利用しましょう。

多くは40歳以上の従業者を対象に、胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診(女性の場合は乳がん検診や子宮がん検診)などを行なっています。大腸がん検診の検査内容は、便潜血反応検査(2日法)が一般的です。

自治体のがん検診を利用する

各市町村でも、大腸がん検診を実施しています。原則として、職場検診を受ける機会のない40歳以上の人を対象にしていますので、職場で受けられる方はそちらが優先です。

自治体が検査費用を助成しているため、無料もしくは数百円など低料金で受けることができます。検査内容は、便潜血反応検査(2日法)が一般的です。

自費で受ける大腸がん検診とは

一方、年齢に関わらず個人的に大腸がん検診を受けることもできます。方法としては、主に以下の3通りです。

大腸がん検診を行なっている病院に行く

大腸がん検診を実施している医療機関を受診して、検査を受ける方法です。

大腸内視鏡検査などの精密検査は、消化器科などに限られてきますが、便潜血反応検査であれば普通の内科のほか、整形外科などでも受け付けていることがあります。

ただし、特に症状のない場合は健康保険が適用されないため、検査費用は全額自己負担となります。

まだ40歳未満で自治体の検診の対象にならない方や、年に2度受けておきたいという方などにおすすめの方法です。

人間ドックで大腸がん検診を受ける

より詳しく大腸を調べたい方や、大腸がんと一緒に他の病気も調べたい方は、人間ドックを受けるという方法もあります。

人間ドックは医療機関によってさまざまなコースを用意していますので、希望する検査が受けられるところを探してみましょう。またコース内容に入っていなくても、オプションとして別の検査を加えることもできます。

大腸がんの場合、もっとも基本的な便潜血反応検査をはじめとして、大腸内視鏡検査や全大腸CT検査、腫瘍マーカーなど、医療機関によって色々な検査を用意しています。徹底的に大腸を調べ尽くしたいという方にもおすすめです。

郵送の検診キットを使う

忙しくて病院にかかる時間がとれないという方には、郵送検診を利用するという方法があります。郵送検診のキットは、インターネット通販で手軽に購入できます。

大腸がんの便潜血反応検査は自宅で便を採取しますから、郵送検診でも受けることが可能です。送付されたキットを使って便を採取し、同封の封筒に入れて返送するだけで、簡単に調べてもらえます。

実際に検査を行なうのは専門の検査センターですので、安心して利用しましょう。

大腸がん検診で行なわれる検査と費用

大腸がん検診で行なわれることの多い検査は、次の通りです。

便潜血反応検査

大腸がんのスクリーニング検査としてもっとも広く実施されている検査です。検査セットを受け取り、自宅で便を採取して提出します。

1日分の便を採取する「1日法」より、2日分の便を採取する「2日法」のほうがより正確な検査が可能です。採取した便は空気に触れると変質しますので、なるべくすみやかに提出しましょう。

便潜血反応検査は費用も安く、職場や自治体で受ける場合は無料〜数百円、自費で受ける場合も1,000〜2,000円の間で済む場合がほとんどです。郵送検診のキットも、2,000円前後のものが多く見られます。

大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡を入れ、大腸の様子を内側から観察する検査です。ごく早期の小さな大腸がんやポリープなども見つけることができます。

一般的には、便潜血反応検査で陽性が出た人を対象に行ないますが、遺伝的に大腸がんのリスクが高い方や、既に何らかの症状がある方などは、最初から受けておくと安心です。

費用は、人によって異なります。症状のある人もしくは便潜血検査で陽性が出た人には健康保険が適用され、3割負担で5,000〜7,000円の間が相場です(ただし生検や治療が行なわれた場合は、もう少し費用がかかってきます)。

一方、症状のない人や、人間ドックで受ける場合などは全額自己負担となり、20,000円以上かかることもあります。事前に問い合わせてみましょう。

全大腸CT検査

内視鏡を使わずに大腸の内部を観察する、新しい検査です。まだ取り入れている病院は多くありませんが、人間ドックを実施する大きな医療機関では行っているところもあります。

大腸内視鏡検査に抵抗のある人、腸が癒着を起こしていて内視鏡が難しい人などにおすすめの検査です。

費用は、全額自己負担の場合、前処置の下剤代などもすべて合わせて3万円が相場となっています。健康保険が適用される場合は、大腸内視鏡検査とほぼ同じで、7,000〜8,000円程度です。

大腸がん検診で陽性が出たら、すみやかに精密検査を

大腸がん検診でもっとも大切なことは、陽性反応が出た場合、絶対に放置しないことです。なるべく早く医療機関にかかり、精密検査を受けるようにしましょう。

特に大腸がんの場合、便潜血反応検査で陽性の結果が出ても、「たぶん痔のせいだろう」と軽く考え、受診しない人が多いといわれています。

万が一、大腸がんだった場合は発見が遅れ、命の危険に及ぶ可能性も出てきますから、念のために必ず受診することが大切です。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ