大腸がん原因【目次】

大腸がんの原因と考えられるものまとめ

大腸がんにならないためには、大腸がんの原因を知り、それを避けることが一番です。

大腸がんの原因はすべてが明らかになっているわけではありませんが、さまざまな研究の結果、「リスクを上げるもの」はいくつか分かっています。

大腸がんの原因となるのは、大きく分けて「生活習慣」と「遺伝」の2つです。

続きを読む

大腸がん患者の年齢と性別の割合

がんにはそれぞれ、かかりやすい年齢や性別があります。そういったデータも知識として持っておくと、検診を受けるべき時期が分かるなど、予防意識を高めることにつながります。

多くのがんと同様、大腸がんも40歳以降から罹患率が上がるんです。ピークは60〜70代で、逆に30代以下での発症はまれな部類に入ります。

続きを読む

大腸がんを予防するために必要なことまとめ

がんは早期発見が肝心です。しかし、そもそもがんにならずに済むのなら、当然それに越したことはありません。

大腸がんにならないようにするためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?大腸がんの原因は大きく分けて、「生活習慣」と「遺伝」の2つです。

遺伝は先天的な体質ですので、こまめに検査を受けるなどの方法しかありませんが、生活習慣のほうは努力しだいで改善することができます。

続きを読む

可能性としてなくはない20代の大腸がん

大腸がんは40代から徐々に増え始め、発症のピークを迎えるのは60〜70代と、比較的シニア層に多い病気です。逆に30代以下での発症は少なく、かなりまれなケースになります。

特に20代の若さで大腸がんにかかることは非常に珍しく、大腸がん全体の1%にも満たない割合です。しかし毎年、およそ200名前後の人が20代で大腸がんに罹患しているため、「可能性としてなくはない」のも事実だといえます。

続きを読む

大腸がんのリスクが上がる食生活

大腸がんはもともと日本人には少ないがんでしたが、戦後から増え続け、2015年にはついに胃がんと肺がんを追い抜いて部位別がんの罹患率第1位になることが予測されています。

ここまで急激に大腸がんが増えた背景として、よく指摘されているのは食生活の変化です。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ