大腸がんの肛門括約筋温存術

大腸がんの治療法

大腸がんの肛門括約筋温存術

大腸がんのガイド

大腸がん肛門括約筋温存術について、解説致します!

 大腸がんの「肛門括約筋温存術」とは、直腸がんの治療において、人工肛門を造らない手術のことを指します。

従来、肛門に近い直腸にできたがんでは、多くの場合直腸とともに肛門も摘出し、人工肛門を造ることが通常でした。

しかし医療技術の進歩により、現在では直腸がんの target="_blank"約8割の患者さんが、肛門を温存しています。

大腸がん手術の概要

 肛門括約筋温存術では、直腸がんの病巣とリンパ節を切除し、残った肛門側の直腸とS字結腸をつなぎ合わせる方法が一般的です。

自動吻合器という手術用の器械を使ってつなげるようになったことから、安全性も高くなっています。

直腸がんは、結腸がんと異なり大きく切除することはできませんが、なるべく再発を防止するために安全域を設けて切り取ります。

がんから約2センチ、肛門側に安全域をとっても十分に腸と肛門をつなぐことが可能であれば、温存術ができると判断されます。目安としては、肛門から約4センチまでのところにあるがんが対象です。

しかし最近では、もっと肛門に近い部分にできたがんであっても、早期であれば括約筋を一部残して腸と縫い合わせ、肛門の機能を維持できる技術も確立されています。

ただしがんの症状や、患者さんの年齢によっては無理に肛門を残すことで、排便障害など苦労することも増えることは確かです。そのため、がんの進行度や年齢、本人や家族の希望なども考慮した上で手術が検討されます。

手術後の排便はどうなる?

 人工肛門ではないとはいえ、一定期間は排便のコントロールが難しくなります。ある研究結果によれば、慣れるまでに術後2年間はかかるとされています。

括約筋は温存されているため、肛門は問題なく締まるのですが、便をためるタンクでもある直腸がほぼ失われることから、1度で排便を済ませることが困難になります。

最初のうちは1日に何度もお手洗いに立つ人がほとんどです。しかし慣れていくうちに、つないだS字結腸が直腸の役割を担うようになり、排便を調節できるようになります。

また便意も残りますが、がんの発生部位が肛門に近ければ近いほど感じにくくなる傾向があります。ただし便がたまると腸が押し出そうと動きますので、むずむずする感じは十分残るといわれています。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ