大腸がんの外科手術

大腸がんの治療法

大腸がんの外科手術

大腸がんのガイド

大腸がん外科手術について、解説致します!

大腸がん外科手術 大腸がんの外科手術としては、おもに開腹手術腹腔鏡手術があります。

リンパ節転移の可能性がある、もしくは腫瘍が大きい場合などは内視鏡手術ができないため、これらの手術を行うことになります。

大腸がんの開腹手術

 大腸がんではリンパ節転移の確率が高いことから、リンパ節を郭清(切除)しやすい開腹手術は現在も広く行われています。

再発を防止するため、病巣より10センチほど広めに切除し、必要に応じてリンパ節を郭清してから腸管を縫い合わせます。

結腸がんの場合はこの方法で特に問題ありませんが、直腸がんでは泌尿器や生殖器などが近いため、やや難易度は上がります。

直腸がんの手術は、直腸のみを切除して肛門は残す「肛門括約筋温存術」と、直腸とともに肛門も切除して人工肛門(ストーマ)を造設する手術の2つに分かれます。

現在では約8割の直腸がん手術において、肛門が温存されるようになりました。肛門に近い下部のがんであっても、半数が温存できるといわれています。

それに加え、泌尿器や生殖器の機能を維持する「自律神経温存術」も確立され、患者さんの術後のQOL(生活の質)は大きく向上しています。

ただし、病期がステージV以降の直腸がんでは「骨盤内臓器全摘術」が行われることもあり、そうなると膀胱や前立腺、子宮などを摘出することになります。

排便のほか、排尿するための人工肛門を造ることが一般的ですが、最近では小腸の一部を膀胱として代用する方法も、場合によって可能となっています。

大腸がんの腹腔鏡手術

 おなかに小さな穴を開け、そこからカメラと手術器具を入れて行うものが腹腔鏡手術です。医師がモニターを確認しながら、慎重に病巣を切除します。

開腹手術よりも傷が小さく済み、患者さんの負担が少ない点がメリットです。

早期がんではあっても、腫瘍の大きさから内視鏡手術が難しい場合や、近年では進行がんでも対象となることが増えています。

リンパ節郭清も可能ですが、部位や浸潤の状況などによっては、開腹手術の方が適切と判断されることもあります。

術後の痛みや入院期間など、開腹手術と比べると短く済む利点はありますが、腹腔鏡手術でリンパ節郭清を行うためには高度な技術が必要です。臨床経験豊富な医師に受けることが望ましいでしょう。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ