大腸がんが再発・転移した場合の治療法

大腸がんの治療法

大腸がんが再発・転移した場合の治療法

大腸がんのガイド

大腸がん再発・転移した場合の治療法について、解説致します!

 大腸がんは、他のがんに比べて再発率がやや高めです。

しかし再発や転移をしても、また切除することができれば約4割の人は完治できる可能性があるといわれます。

現在の医療では、抗がん剤や放射線治療などで転移したがんを完治させることは難しいため、手術できるかどうかが重要なポイントとなります。

がんの病巣部位を切除できるかできないか?

 再手術で切除が可能ながんとしては、再発や転移が1か所のみにみられる場合です。ただし2つ以上の臓器であっても、それぞれ切除できる場合には手術が適用されることもあります。

大腸がんでは、できるもの積極的に手術を行うことで、生存率を上げられることが分かっています。

複数の臓器に転移していて切除できない場合や、患者さんの年齢や体力によって手術が難しいと判断された場合には、おもに抗がん剤放射線治療が行われます。

最近では、大腸がんに効果の高い抗がん剤も続々と登場していますので、遠隔転移していても長くがんと付き合って生存できる患者さんも増えています。

必要に応じて痛みの緩和ケアを行うなどして、患者さんのQOLを大切にしながら治療法を選択していきます。

大腸がんが転移した際の治療法

 大腸がんがもっとも転移しやすい臓器は肝臓です。大腸がんの患者さんのうち、実に11パーセントに肝転移がみられるともいわれます。

肝臓の何か所に転移しているか、また肺など他の臓器にも転移しているのかなどによって、切除できるかどうかが検討されます。生活に支障がない範囲で肝臓を残すことができれば、切除術が行われます。

肝臓の次に多いのは肺転移です。肝臓と同様、転移の数や他の臓器の状況によって、切除できるかどうかを考えます。

切除する場合、従来は胸を大きく切開する開胸手術が一般的でしたが、最近では胸に小さな穴を開け、腹腔鏡と同じように行う「胸腔鏡手術」が広まっており、患者さんの負担が軽減されています。

いずれの場合も手術が難しければ、抗がん剤や放射線療法、もしくはマイクロウェーブやラジオ波などで焼灼する方法などが検討されます。

転移をなるべく最小限にとどめるためにも、術後は定期的に検診を受けることが大切です!

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ