大腸がんと大腸ポリープ

大腸がんの症状

大腸がんと大腸ポリープ

大腸がんのガイド

大腸がん大腸ポリープについて、解説致します!

 大腸がんの多くは、大腸ポリープから始まります。

ポリープは自覚症状がほとんどなく、人間ドックなどの内視鏡検査でたまたま発見されることが多いものです。

最初は良性だったポリープが、大きくなると一部がん化し、大腸がんへと発展していきます。つまりポリープの段階で発見できれば、幸運ともいえるのです。

大腸がんのタネは「腺腫」

 ポリープとは良性・悪性を問わず、粘膜から発生した隆起状の病変のことをいいます。

大腸の場合、大きく分けると「腫瘍」と「それ以外」があります。

それ以外に含まれるのは、たとえば加齢とともにできやすくなる「過形成性ポリープ」です。これは正常な細胞が集まってポリープ状となったものですので、大腸がんになることはまずありません。

つまり問題は、腫瘍タイプになります。

大腸にできる腫瘍の8割は「腺腫」と呼ばれる良性のもので、おもにS字結腸や直腸に多くみられます。この腺腫が、大腸がんの種と考えられています。

ポリープが発見されても、まずは腺腫かどうかを確認する必要があります。内視鏡検査で診断がつかなかった場合は、組織の一部を採取して病理検査が行われます。

腺腫摘出の目安

 腺腫も、そのすべてががん化するわけではありません。

問題は大きさで、直径が1センチを超えるとがん化する可能性が急激に高まります。そこから徐々に段階を踏んで大きくなっていきますが、ポリープが小さいうちにどう成長するかを見極めるのは困難です。

日本においては、5ミリを超えるかどうかが摘出の目安となります。

それ未満のポリープは経過観察することが多いのですが、小さなポリープも予防のためにすべて摘出すべきとの意見もあり、医師によって考え方が異なります。

ある程度大きくなっている、もしくは既に一部ががん化している場合は、内視鏡手術外科手術によって切除します。

ただし100を越えるようなポリープがある遺伝性のポリポーシス(家族性大腸腺腫症)の場合は、ほぼ確実に大腸がんになることが予想されるため、大腸粘膜の全摘出が基本となります。

大腸ポリープが発見されることは、良性のうちに切除できる可能性が高いということですので、むしろ幸運と考えられています。

経過観察を行う場合は、かならず医師の指示に従って定期的に検査を受けましょう!

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ