大腸がんの症状

大腸がんの症状

大腸がんの症状

大腸がんのガイド

大腸がん症状について、解説致します!

 がんの発生部位によっても異なりますが、血便便通障害腹部の膨満感などが大腸がんの代表的な症状です。

しかし、肛門から遠ければ遠いほど初期症状が少ない傾向がありますので、定期検査を受けることがもっとも確実な早期発見につながります。

結腸がんの症状

結腸がんの症状  小腸に近いほう、つまり大腸の入り口から順に、上行結腸、横行結腸、下行結腸、そしてS状結腸と続くのが結腸です。

上行結腸や横行結腸は肛門から遠いため、出血があっても便に混ざって見えにくく、なかなか症状に気づけない特徴があります。

また小腸で栄養を吸収された食べ物は、まだドロドロとした液体状です。肛門で排出される前に、内容物の水分が大腸の壁から吸収され、固形の便となります。

結腸を順に進み、S字結腸にまで達したころにはかなり固形化していますが、上行結腸や横行結腸ではまだ柔らかく、しかも腸の内腔も広めなために便通が悪くなることもそれほどありません。

がんの腫瘍が知らず知らずのうちに大きくなって異物感膨満感を感じる、しこりが出血を起こして貧血症状が出る、体重が減少する、といった症状で「おかしいな」と気づくケースもみられます。

その点、下行結腸やS字結腸では、やや自覚症状が出やすくなります。

便が固くなっているため血便を認めやすいですし、もともと内腔の狭い腸が腫瘍でさらに狭まるために、下痢と便秘をくり返すこともあります。

特に直腸に近いS字結腸では、ケチャップ状の血が便に付着している様子を目で確認できることも少なくありません。

直腸がんの症状

 肛門の手前にある直腸がんは、結腸よりも症状が出やすくなります。

腫瘍があるだけで違和感があり、便がなくても頻繁に意を感じる「テネスムス」という症状が出ることもあります。

また血便のほか下血がみられることもありますが、痔と間違える人が多いため注意が必要です。

普段から痔を患っている人では症状を見逃しやすく、腸閉塞になることでようやく発見されることもあります。

普段と便通の様子が異なる場合は、かならず消化器科を受診するようにしましょう。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ